テクニカルコンセプト

本当の価値のある住まいづくりとは何か

TSUJIGUMIでは住まいを創るうえで一番大切なことは人間と同じで丈夫で
健康的な住まいづくりを行っていくことだと考えています。

私たちTSUJIGUMIでは本当の価値のある住まいづくりを行うために多くの設計手法、
施工工法の中からお客様の家づくりに合った工法・仕様をトータル的にサポートさせて頂きます。

以下ではそのプロセスの一例をご紹介させて頂きます。

IAU免震システム

IAU免震システム

免震とは建物の足元を地面から切り離し、その間に免震装置を組み込んで地震の激しい揺れを建物に伝わらないようにする構造のことです。私たちTSUJIGUMIでは、IAU免震システムを採用することで震度7クラスの巨大地震に対し、その揺れを震度4程度に軽減するシステムを採用しています。また、IAU免震システムでは一般的なゴムによる免震ではなく免震性能の高い転がり免震支承を採用しています。

Exif_JPEG_PICTURE

省令準耐火仕様

私たちTSUJIGUMIでは省令準耐火仕様という木造住宅においても鉄骨や鉄筋コンクリート住宅と同じように、万が一火災が発生した時に火災の延焼を遅らせることができる工法を標準的に採用しています。まだまだ標準で採用している会社が少ないこの省令準耐火仕様ですが、火災保険が割引される点が大変お客様にとって魅力的であること、またもしもの時の火災の被害を最小にできることが何よりの安心です。

BOX型工法

構造用面材BOX工法

高気密・高断熱住宅が標準になってきた昨今、まだ筋交い工法を採用する会社も多いですが、私たちTSUJIGUMIでは構造用面材BOX工法を採用しています。なぜ採用しているのかというと地震に強くするためでもありますが、実は目に見えない性能として大切な断熱性能に効果があるためです。また、筋交い工法では地震に耐えることはできますが、実際の地震の揺れを抑制することはあまりできません。構造用面材BOX工法は地震の揺れを抑制しつつ建物を強くする画期的な工法です。

耐震等級3

耐震等級3等級仕様

耐震等級3等級仕様とは、数百年に一度程度発生する地震力の1.5倍の力による水平力に対して建物の構造躯体が倒壊、崩壊等しないように対策を講じる工法になります。私たちTSUJIGUMIでは耐震等級3等級を基準に住宅を設計させて頂いております。最近では地震保険で割引が適用できることもあり大変魅力的な仕様となりました。住宅の耐震性能については様々な考え方がありますが、私たちTSUJIGUMIではいざという時に機能するかどうか分からない制震装置などを設置する手法よりも、建物全体で確実に耐震化を図る工法を採用する方針をとっています。

熱交換換気システム

全熱交換換気システム

私たちTSUJIGUMIでは温度のみを交換する顕熱交換換気システムではなく、全ての熱(温度+湿度)を交換する全熱交換換気システムを採用しています。一般的な温度も湿度も交換せずに給排気する第三種換気システムでは外気をそのまま取り入れるため、外気に合わせて温度が上昇下降してしまい、本当の高気密高断熱住宅にはなりません。全熱交換換気システムでは、温度と湿度を調整することで常に室内を快適な状態にキープできます。