PASSIVE HOUSE JAPAN1

PASSIVE HOUSE JAPAN

2017年10月24日
カテゴリー:家づくり特集

パッシブハウスとは

環境先進国ドイツで物理学者ファイスト博士が導き出した、家の省エネ基準です。それは「気候変動を止めるため、これからの家の燃費はこれくらいに抑えないといけない」「そのために必要なエネルギー効率設計はこう」というとても厳しいもの。その基準を満たすには、自然の力を使ったり、さらに建物自体の性能を徹底的に高める必要があります。博士が設立した研究所は、それらのノウハウをオープンにし、今ではヨーロッパを飛び出し各地の気候風土にあわせて進化しながら、世界中で普及しはじめています。

 

ヨーロッパでは現在、燃費の悪い家は建てられなくなってきています。
そして日本もいずれそうなることが決まっています。
そのとき、海外の家の建て方をそのまま真似したら良いかというと、そういうことでもありません。高温多湿の日本。気候がまったく違うなか、日本には日本の、欧米には欧米の、家の建てかたがあるのです。パッシブハウス・ジャパンでは、日本の気候風土を存分に利用して燃費を良くする、特別なノウハウがあります。

地球のために、住む人のために、持続可能な家のことです。
以下のポイントを技術で叶え、世界基準の認定をうけた家です。

床も壁も天井も高断熱と高気密。魔法瓶のような家は、冬は暖気を、夏は冷気を逃しません。

高性能な複層窓。
南向きの大きな窓は、冬は太陽熱を取り込む優秀な暖房がわり。
北側の高い窓は、夏の熱気を逃がす道。
景色良好、家を明るく保ちます。

計算されつくした(ひさし)。
冬の低い太陽は、庇をくぐり抜けて、家を暖めます。

熱交換換気システム
空気はいつもきれいなのに、熱だけリサイクル。
これで吸気口から冷たい外気が入ってくることもありません。

→燃費がいい、環境にいい、デザインもいい、長持ちする、ハイブリッドな家。

エアコン一台でも家全体が暖かい。

それがパッシブハウスです。

 

 

無題2

無題3

 

 

無題6

 

UNILUX

HEAT20.1

HEAT20

2017年10月24日
カテゴリー:家づくり特集

 

HEAT20とは

 

Investigation committee of Hyper Enhanced insulation and Advanced Technique for 2020 houses

深刻化の一途を辿る地球温暖化とエネルギー問題。

その対策のために「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」が2009年に発足。

HEAT20はその略称であり、呼称です。

HET20は長期的視点に立ち、住宅における更なる省エネルギー化をはかるため、断熱などの建築的対応技術に

着目し、住宅の熱的シェルターの高性能化と居住者の健康維持と快適性向上のための先進的技術開発、評価手

法、そして断熱化された住宅の普及啓蒙を目的とした団体です。

メンバーは研究者、住宅・建材生産者団体の有志によって構成されています。

 

 

無題11

無題12

無題8

無題7

2017_general_catalog_fix_chap6_05

TSUJIGUMI1

TSUJIGUMI

2017年10月24日
カテゴリー:家づくり特集

 

私たちTSUJIGUMIでは、未来の安心と実燃費での経済性、共働きのご家族や健康に配慮した家づくりをご希望の全ての方々の為に、新築、増築、リフォームにおいて最大限のコストパフォーマンスを実現できるよう「イシンホーム住宅研究会」「新木造技術協議会(新住協)」「HAET20」「PASSIVE HOUSE JAPAN」に加盟しております。これからの時代の家づくりでは、建物が建つ敷地周辺の状況が大変重要になり、工法や仕様にとらわれない家づくりが大切になります。今まで全く気にしなかった目に見えない空気や湿度を意識した住まいづくりを行うことで、ご家族の健康や住まいの寿命を長持ちさせる住まいづくりを行います。

*下図ではこれからの住まいづくりの流れを断熱材各メーカー「JFEロックファイバー株式会社」「YKK AP株式会社」さんのカタログを抜粋させて頂いています。

 

2017_general_catalog_fix_chap5_01

2017_general_catalog_fix_chap5_02

2017_general_catalog_fix_chap5_04

2017_general_catalog_fix_chap5_05

2017_general_catalog_fix_chap6_02

2017_general_catalog_fix_chap6_01

2017_general_catalog_fix_chap6_06

 

 

 

 

 

イシンホーム1

イシンホーム

2017年10月23日
カテゴリー:家づくり特集

 

イシンホーム住宅研究会本部は商品開発チームを結成し独自で開発した販売・設計・施工のノウハウを加盟店に提供するとともに、優れた資材を一括購入することで購入にかかるコストを飛躍的に落とし、高品質・高性能な家をお客様に提供できる仕組みになっています。
建材メーカーとの共同開発で、イシンホーム独自のPB(プライベートブランド)建材を開発。デザイン性に優れた高品質な建材を安価に提供しています)
また独自で購入したもので直接施工するため下請け、孫請けなどの中間マージンをカットし余計なコストを抑える仕組みになっています。ネットワークを通じて世界一の建材を一括購入しコストを最大限に落としています。
その為、住宅を安く提供できる仕組みとなっています。
一般的に製造業は設備投資や設備維持の負担が大きく、高いリスクを伴います。
ファブレスは工場を持たずに製品の企画や設計、マーケティングなどのみを行い、
製品の製造そのものには完全にPB(プライベートブランド)、OEM(他社ブランド製造)によって供給される。
これによって設備費に関するリスクを減らし、また小規模な人員での経営やスピーディーな経営戦略の転換などを可能にする体制のことを差します。
住宅などは社会経済、災害などによる商材などの需要の増減が大きく変化しますので、自社で工場をもつ住宅メーカーなどでは仕様が変わる、 また新しく新商品を出すごとにそういった製造コストや維持費、人件費等がかかってしまうためその時のニーズに合った商品を出すのに時間がかかります。
では自社工場を持つ企業の設備投資や設備維持などのコストは一体どこに負荷がかかっているかということですが、
実はコンシューマー(消費者)等が受ける住宅コストに割り振られてしまっているケースが多いわけです。
ファブレス体制を取っているイシンホームは、製造設備にかかわる多大なコストを必要としないため投資リスクが低く、経済環境の変化に強い企業体質であるといえます。安くお客様に住宅を提供できるのはこのためです。
しかしイシンホームは安いものを沢山作る、安かろう悪かろうのものは提供しておりません。
“いいもの”を安く提供するために安さだけじゃなく厳選した商材をしっかりと商品開発チームが世界一と呼べる建材や設備にしてお客様に提供させていただきます。
大手メーカーの建物本体価格には、工場や支店、莫大な広告宣伝費・営業マン経費などの経費が約半分を占めており、結果、その負担をお客様が払っているので住宅価格が高くなってしまいます。
これは日本だけの特異な現象で、世界ではビルダーが直接施工しているため、住宅価格はもっと安いのが当たり前です。
イシンホーム住宅研究会はそういった莫大な広告経費等をお客様の負担にならないよう無駄な経費を大幅にカットしています。

 

 

fc_image2

 

fc_image4

 

 

image_1_5

image_1_2image_1_60

 

 

image_7_1

 

 

image_6

 

 

image_1_6

 

 

image_1_2

 

 

image_2_1

 

 

image_2_3

 

 

image_2_4

 

 

image_5_1

 

 

image_5_3

 

 

image_3_1

 

 

image_3_3

 

 

image_1_1

 

 

image_10_1

 

 

image_7_2

 

 

image_3_8

 

 

image_1

 

 

image_3_8

 

 

image_8_1

 

 

image_2_2

 

 

image_2_3image_2_4

 

 

image_4_1

image_4_2

 

 

image_6_1

image_6_3

 

お盆休業のお知らせ

2017年08月11日
カテゴリー:新着情報

お盆休業のお知らせ

 

平素より弊社サイトをご利用頂き誠にありがとうございます。

 

誠に勝手ながらお盆休みは下記の通りお休みとさせて戴きますので、何卒よろしくお願い致します。

 

8月12日(土)~16日(水)は夏季休業とさせていただきます。

 

休み期間中のお問合せに関しては弊社のホームページの「お問い合わせフォーム」、もしくはメールにてお願い致します。

※ご返信は17日(木)より順次行います。

 

期間中は大変ご不便おかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い致します。